スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩崎夏海さんの「もしドラ」

再び「もしドラ」です。
もし岩崎夏海さんをテレビで見なかったら、「もしドラ」なんて本は読まなかったでしょう。
内容はなんとなく知ってしまって、「なるほど」と思いましたが、それでも読むほどじゃないと思いました。

確か東日本震災前だったと思うのですが、あるトーク番組で偶然、
岩崎夏海さんをみてびっくりしました。
私はてっきり女性だと思っていたので。ご本人は寡黙で、重たい雰囲気の男でした。岩崎夏海(いわさきなつみ)は本名だそうで、芸大建築科卒という経歴も変わっています。「もしドラ」の表紙の女子高生のイラストが嫌いでしたが、こうなると読んでみたくなってしまいました。

この本は、ドラッカーのマネジメントを「高校野球部」に応用したらどうなるか、というドラッカー理論の実例を示した解釈書です。だから、設定ができすぎの感じもありますが、「マネジメント」は企業の社長のためだけに書かれたわけではない、という実例を簡潔に面白く提示した、という点で画期的な本だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : NHK - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : もしドラ 岩崎夏海 ドラッカー マネジメント

コズミック・フロント  超新星爆発

今日は趣向を変えて宇宙の話です。
近々、超新星爆発が見れるかもしれません。近々といっても、明日かもしれないし10年後かもしれませんが、宇宙のスケールで考えると、明日も、10年後も近々らしいです。

取りためておいた番組をやっと見たのですが、6/28日放送分、NHKBSの「コズミック・フロント」で放送された内容を簡単に要約します。

オリオン座のベテルギウス(オリオン座左上の赤い星)は、恒星の最終段階になっており、太陽の1000倍に膨れ上がっていて、近々超新星爆発を起こして、その生涯を終える。超新星爆発は世界で唯一、日本のスーパーカミオカンデで数時間前にニュートリノの観測から分かるそう。それで、世界中の天文関係者はスーパーカミオカンデからの連絡を待っているのだそうです。

ベテルギウスが超新星爆発を起こすと、約3ヵ月にわたり光り輝き、昼間でも見えるそうなので、見逃すことはないでしょう。この星は地球から640光年のかなたにあるのですが、640光年というのは宇宙的スケールでいうと、すごく近いらしい。それで、有害なガンマ線で地球のオゾン層を破壊するのでは、と恐ろしい予測もあったのですが、NHKBSの番組によると、ベテルギウスの自転軸の角度の観測から、強力なガンマ線は地球には来ない可能性が高いだろうということでした。「ベテルギウス」で検索するといろいろ情報がでてきますが、あまり悲観的になる必要はないようです。 

テーマ : NHK - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : ベテルギウス 超新星爆発

アニメ「もしドラ」

昨年のベストセラー「もしドラ」正式には「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら」のアニメ化です。深夜とはいえNHK総合での放送、ただの娯楽ではないです。
ドラッカー理論を実践している企業は日本にも多い。では、なぜ成果の上がる企業と、そうでない企業があるのか。このアニメの高校野球部のように活性化させ、成果を得る事は可能なのか。それを考えるだけでも、見る価値はあると思います。もちろん、原作「もしドラ」もお薦めです。



NHKのサイトはこちらです。

http://www9.nhk.or.jp/anime/moshidora/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。






テーマ : 2011年 テレビドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : もしドラ アニメもしドラ 岩崎夏海 ドラッカー マネジメント

謝謝台湾

東日本大震災に対する義援金で、国として金額的に一番多額だったのは台湾で、日本円で約140億円といわれる。

義援金を寄せてくれた各国に対し、政府は世界の主要メディアに感謝の広告をだした。しかし人民日報には掲載したが、台湾の新聞にはださなかった。 彼の国を刺激したくないのはわかるが、国としてきちんと感謝を台湾へも、同じ新聞広告という形でを伝えなければならないのではないかと思う。政府ができないのなら、国会議長名にするとか工夫できないのだろうか。

かくして「謝謝台湾計画」がツイッターで広まり、台湾の二紙に広告をだすことになったそうである。
広告費1800万円(広告費は240万円で、残りは被災地に贈られる)が集まったそうであるから、ツイッターの威力はすごい。

テーマ : 震災救援・復興 - ジャンル : 政治・経済

tag : 謝謝台湾計画

フクシマ ダイイチ

「Fukushima Daiichi」は海外ではいまや、日本の断トツで有名な地名であるようだ。チェルノブイリ、スリーマイル島と共に、歴史に刻まれる事になったし、今もなお現在進行形である。
そして、フクシマはエネルギーに関して、人類にイノベーションをせまっているというのが、私の考えた事である。

30年くらい前に私が卒業した学校には、なぜか核物理学の先生がいて、「原子力発電というものが、いかに不完全なテクノロジーであるか」を熱心に説明してくれた。それで、詳しい理論は忘れたが、原発と聞くと「それはリスクが高いよ」というのが私の基本スタンスとなったのだった。

ところが、最近CO2問題が浮上し、原発もやむなしかと思い始めていた。日本には50位あるし、アメリカでは100を超える。世界ではおそらく500位あるのではないだろうか。これを直ちに停止するのはできないだろう。安定して代替するエネルギーが今はないし、廃炉にするにしてもかなり時間がかかる。
しかし、「フクシマダイイチ」は人類にイノベーションをせまっているのだと思う。例えば、電気を蓄える技術はもっと進歩してもいいのではないかと思うのだ。

補足:私は「だから言ったじゃないの」みたいな原発批判をしている訳ではありません。国の原子力政策を一度も批判した事がないのに、そんな事はいえません。内心恐れていた事が、起こってしまったという事です。

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか - ジャンル : 政治・経済

プロフィール

v3

Author:v3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
アフィリエイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
くろック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。