アニメ冬のソナタ第十四話

第14話は、コンサートの後ユジンがご両親や友人の集まった中で「結婚はできない」とサンヒョクに言いましたね。
立ち去るユジンに平手打ちするのはひどいと思ったけど、ユジンはタクシーの中でミニョンさんが次長からユジンに渡すように言われた手紙を読んで、自分(ミニョン)がチュンサンであるけれども何も思い出せない事を書いてありました。そして、ミニョンさんが交通事故にあって記憶を少し思い出しました。

ユジンは高校生の時、大晦日に待っていた場所に行きましたが、そこに記憶を少し取り戻したミニョン(チュンサン)さんが現れて抱擁を交わすところが良かったです。ユジンが今日、沢山の人達を傷つけてしまったから、許してもらえないかもしれない。チュンサンはポラリスだからいつもそばにいてくれる、というセリフもいいですね。
でも、チェリンはまだ、ミニョンさんを諦めていないし、これからの展開か楽しみです。
アニメ版ではドラマの進行を変えているので、混乱するところもありますね。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

masumi1107

Author:masumi1107
GALLERY MASUMIブログへようこそ!

最新記事
リンク
アフィリエイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
くろック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター