アニメ「冬のソナタ」第二十話

第20話は、不可能な家のスケッチブックをユジンがチュンサンに渡すことから始まります。
最後だと思っても「愛している」と言うユジンに目がウルウルするチュンサン。思い出を大切にしたいから会うのは最後にしよう、空港には来ないでというチュンサン。ドラマでは、サンヒョクがユジンにチュンサンは事故の後遺症でアメリカへ行く事、ユジンとチュンサンは兄妹ではない事を告げ、飛行場に行く場面は無かった。第1話の始まりがそうだったのか。パリへ行くユジンにニューヨーク行きのチケットを渡すサンヒョクの場面も無い。
チュンサンはニューヨークへ立ち、不可能な家の図面をおこすのだが、だんだん視力が失われていく。

一方ユジンはパリへ行き、「初めて」のピアノの音が聞こえる家へと入ってしまい、チュンサンのことが忘れられない。チュンサンは倒れて病院へ運ばれるが、手術は拒んでいる。後遺症でユジンの記憶を忘れたくないからだ。視力を失ってもユジンの記憶を選んでいる。
その頃、サンヒョクのお父さんが、チュンサンと親子である鑑定書をチュンサンに送り、チュンサンは母のミヒになぜうそをついていたのか問いただす。
サンヒョクの家でも、夫がチュンサンと親子と妻が知って倒れてしまう。
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

masumi1107

Author:masumi1107
GALLERY MASUMIブログへようこそ!

最新記事
リンク
アフィリエイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
くろック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター