坂本龍馬とはなにものか

龍馬伝をみていて思ったこと。
龍馬は何の実績も、後ろ盾もない浪人であるにもかかわらず、なぜあれだけの影響力を持ち得、活動する事ができたのか。考えてみれば不思議である。
亀山社中にしても、貿易で利益がでていたわけではない。
カンパニー亀山社中を設立し、倒幕のため薩長同盟を成立させるのだから、発想力と行動力がずば抜けていた事は確かだろう。

司馬遼太郎の「竜馬が行く」によれば、陸奥宗光に「両刀を脱して生きていけるのは、お主と俺だけ」と言ったそうであるから、「世界の海援隊」すなわち貿易商社のようなビジョンを持っていたのかもしれない。

船中八策や大政奉還は、松平春嶽とそのブレーンの協力があったと思われるが、藩の後ろ盾のない龍馬は新政府には入ろうとしない。土佐勤王党から抜けてしまったように、政治の中心からははずれたところに、龍馬の興味はあったのだろうと思う。

NHK大河ドラマには、ぜひそのあたりの解明をお願いしたい。

スポンサーサイト

テーマ : 大河ドラマ - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 武市半平太 坂本龍馬 龍馬伝 海援隊 薩長同盟 大政奉還

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

masumi1107

Author:masumi1107
GALLERY MASUMIブログへようこそ!

最新記事
リンク
アフィリエイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
くろック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター