CLUB DI GIULIETTA

「ジュリエットへの手紙」のつけたしです。
例えば、インドならカーストが違うとか、アメリカでも、人種が違うとか、今でも障害の壁があるのですね。
若い時なら「そんなばかな」と思ったかもしれないけれど、やはり障害は無い方が良いと思ってしまう。

シェイクスピアではなくて、実話の「ロミオとジュリエット」の場合は、神聖ローマ帝国とバチカンの対立が根底にあったようです。ベローナは交通の要衝だから、都市が二派に分かれて対立していたとの事。

何の障害もない世の中は想像できないから、将来もロミオとジュリエットは生まれることになるのでしょう。
もっとも、「恋愛」という一点だけから考えるのではなく、歴史的に考えると、ジュリエットのようなケースは少数派でしょう。めったにないことだからこそ、文学になっているのではないでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : NHK総合 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

masumi1107

Author:masumi1107
GALLERY MASUMIブログへようこそ!

最新記事
リンク
アフィリエイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
くろック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター