スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りぐらしのアリエッティ

監督 米林宏昌 、プロデューサー 鈴木敏夫、企画・脚本 宮崎駿、脚本 丹羽圭子、制作 星野康二、音楽 セシル・コルベル、原作 メアリー・ノートン、制作会社 スタジオジブリ、配給 東宝。2010年7月17日公開

公開後、二か月以上たってやっと観てきました。
良くまとまった作品だが、ジブリのアニメにある消化不良感、よく分からないナゾが残らない。何かもの足りない感じもする。とはいえ、94分飽きる所なく最後までみせるところはさすが、と思う。

さて、作品について。「ナウシカ」「ラピュタ」といったジブリ作品につらなる問題意識が根底にあるが、今回は人間もまた深く傷ついている。アリエッティが「滅び行く種族」なら、少年、翔は心臓に重い疾患を抱えている。人類がすぐにどうなるという事ではないだろうが、これはちょっとまずいよ、やばいかもね、というところに来ている。この作品が企画された2008年というのは、まさにそんな年でした。

このアニメの美しさ、アリエッティと翔の物語については、ネット上でたくさん語られているので、そちらに譲りたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 借りぐらしのアリエッティ - ジャンル : 映画

tag : 借りぐらしのアリエッティ アリエッティ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

v3

Author:v3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
アフィリエイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
くろック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。