98歳の詩人

今年の3月に、柴田トヨさんが自費出版した詩集「くじけないで」が版を重ねて60万部だそうです。情報の入りが遅い私も読ませていただきました。俵万智さんの「サラダ記念日」のようなエネルギーに満ちた感じではないが、98歳のお母さんの素直な言葉が心にしみる。 今の日本だからこそ注目されたともいえるかもしれない。

詩というと、寺山修司とか、工藤直子の「てつがくのライオン」のように、最初の数行で、読者を異次元に引き込まねばならないと、私は思ってしまうのだが、柴田さんの詩のように、つぶやき・ひとり言・あるいは日常会話かと思わせてしまう詩も良いと思った。
やはり明治の人は偉いのだろうか。平明な言葉にも98年の人生の裏づけを感じる。
またそのような気骨で生きてこられたのだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

masumi1107

Author:masumi1107
GALLERY MASUMIブログへようこそ!

最新記事
リンク
アフィリエイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
くろック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター