スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フクシマ ダイイチ

「Fukushima Daiichi」は海外ではいまや、日本の断トツで有名な地名であるようだ。チェルノブイリ、スリーマイル島と共に、歴史に刻まれる事になったし、今もなお現在進行形である。
そして、フクシマはエネルギーに関して、人類にイノベーションをせまっているというのが、私の考えた事である。

30年くらい前に私が卒業した学校には、なぜか核物理学の先生がいて、「原子力発電というものが、いかに不完全なテクノロジーであるか」を熱心に説明してくれた。それで、詳しい理論は忘れたが、原発と聞くと「それはリスクが高いよ」というのが私の基本スタンスとなったのだった。

ところが、最近CO2問題が浮上し、原発もやむなしかと思い始めていた。日本には50位あるし、アメリカでは100を超える。世界ではおそらく500位あるのではないだろうか。これを直ちに停止するのはできないだろう。安定して代替するエネルギーが今はないし、廃炉にするにしてもかなり時間がかかる。
しかし、「フクシマダイイチ」は人類にイノベーションをせまっているのだと思う。例えば、電気を蓄える技術はもっと進歩してもいいのではないかと思うのだ。

補足:私は「だから言ったじゃないの」みたいな原発批判をしている訳ではありません。国の原子力政策を一度も批判した事がないのに、そんな事はいえません。内心恐れていた事が、起こってしまったという事です。
スポンサーサイト

テーマ : 「原発」は本当に必要なのか - ジャンル : 政治・経済

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

v3

Author:v3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
アフィリエイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
くろック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。