スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過渡期の混沌

信長と江の会話は面白かった。あんなことは無かっただろうけど、もし有ったらという仮定でも、面白かった。信長という人物の面白さなのかもしれない。

ところが、ここ2回ばかりは、江の存在がさえない。来週から激変することが分かっているから、期待したい。

話は現実に戻るが、昨年の欧州危機といい、今年の中東危機といい、大方の予想シナリオには無いものだった。
北アフリカ・中東の独裁政権がなくなっても、彼の地に民主的な政権が直ちにできるとは思えない。軍部が実権を握っているようにみえる(新聞報道によれば)。一番危険なのは、イスラム原理主義が広まってしまうことではないだろうか。アフガンからぬけだせないと、アメリカも戦争はさけたいだろうし。しかし、武力衝突がはじまってしまう危険はある。世界は時代が変わる過渡期の混沌の中にいる。

テーマ : 大河ドラマ 江 - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 大河ドラマ

ひな人形の未来と歴史的由来(桃の節句に)

昨日のNHKラジオ番組での話。
桃の節句のひな人形は、流しびなの人形が源流らしいです。発祥は中国の「上巳の節句」、日本で平安時代頃から、雛人形が派手になり、流すのがもったいないので、飾るひな祭りになっていった、とのことでした(諸説あるようですが)。現在のような段飾りになったのは江戸時代のようです。

流しびなは、厄除けというか、よくないものを、人形に身代わりになってもらって流すものだそうで、意味は多少変わっているかもしれないですが、流しびな、人形(ひとがた)流しの風習は今でも残っているところがあります。
3月3日は本来旧暦ですから、4月初旬で桃が咲く頃。これも中国伝来ですが、桃は不老長寿というか神聖な木(果物)なのでこれをを供えるらしい。

まとめると、病気で亡くなる子供が多かった時代に、子の成長を祝う行事として行われてきたという事になるでしょうか。
ひな祭りは流しびなが源流で、厄・けがれを流すわけですから、流すかわりにすぐにしまうという事らしい。女の子が行き遅れとかではないですね。
hina110303ab.jpg
友人からいただいたひな人形の写真を油彩画風に変換してみました。

以上、歴史をひと通り聞いて「なるほど」と思ったわけですが、旧暦は日本ではほとんどつかわれませんし、医学も進歩発展しています。世界的には人口増加ですが、日本では出生率の低下に悩んでいます。伝統・風習も時代にあわせて変化していってもも良いのでは?ひな祭りが出生率向上を祈る日になっても良いと思います。 「日本の最大の問題は出生率の低下」だと、エマニュエル・トッドが一昨年「未来への提言」というNHK・BSの番組で言っていたのを思い出しました。

テーマ : ラジオ - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 桃の節句 流しびな ひな人形 ひな祭り 上巳の節句 エマニュエル・トッド

岸谷吾朗さんの悪人秀吉

岸谷吾朗の秀吉は、ひとりで悪役を引き受けるつもりなのか。
他に悪役はみあたらない。どーしようもない悪人(多分)秀吉が見事。さすが岸谷吾朗さん。多分秀吉がだんだんとワルになっていくと予想します。そうでないとバランスがとれないと思うのです。北大路欣也さんの家康ができた方だけに。

上野樹里の成長に期待するけど、今のところ、茶々役の宮沢りえが光る。宮沢りえさん、宮本武蔵の時もよかったけど、いい役者になりましたね。

テーマ : 大河ドラマ 江 - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 岸谷吾朗 上野樹里 宮沢りえ 北大路欣也

ドラマより興味深い現実

江姫をあそこまで無理に絡ませなくてもいいのでは、と思って今週はみていました。
光秀と江の話はやりすぎ。まぁ、上野樹里だから徹底的にやろうということでしょうか。

光秀も信長も互いの才能を認め合った上での謀反劇という設定。
真実は分かんないからね結局。本能寺は未だに新説がでてくる、日本史のナゾですね。

それと、今週はエジプトの政変が、現実であるだけに興味深かったです。
今年、チュニジアやエジプトで政変があるなんて誰が予想したでしょうか。
現実の世界は、昔の日本の戦国時代みたいな混沌の中に突入しつつあるような感じがします。
戦争が起きることはないと思いますが。

テーマ : 大河ドラマ 江 - ジャンル : テレビ・ラジオ

豊川悦司の信長2

豊川信長が発した「是非に及ばず」のセリフは静かなものだった。
この言葉を信長が言ったというのは、歴史的にも確かな裏づけのあることだが、その意味するところは諸説ある。
今回の信長は光秀の謀反をある程度予知しており、だから静かなセリフとなったのだろう。意味するところは通説どおりであった。(昨日のドラマにもありましたけど、本能寺でも世話役などの女人は生き延び、当時の様子が語られて、「信長公記」に残っています)

歴史に「もしも」は禁じ手だけど、秀吉は信長の後継でなく、そのまねと秀吉が思ったところをなした。
信長の治世とはどのようなものだったのだろうか。
単なる想像にすぎないのだが、日本史は大きく変わった、と思われてならない。
この国は、千年に一度の天才を失ったと思うのです。


テーマ : 大河ドラマ 江 - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : 豊川悦司 信長 信長公記 本能寺

プロフィール

v3

Author:v3
FC2ブログへようこそ!

最新記事
リンク
アフィリエイト
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
くろック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。